史群アル仙 (しむれ・あるせん)
SHIMURE Arusen

1990年11月11日生まれ。女性。ADHD(注意欠陥・多動性障害 )。
漫画家・クレパス専門画家。『padGALLERY』の所属アーティスト。


★主にツイッターで作品公開や告知、活動情報を最速で更新します。
史群アル仙のツイッター(Twitter)




【子供時代】

幼少期より昭和の漫画に親しみ、特に手塚治虫氏の作品に魅了される。
小学四年の頃に「この絵柄を未来に引き継ぎたい」と強く想い『昭和漫画の画風を現代に』という意思のもと漫画家を目指す。
15歳の頃には絵画にも興味が湧き「サクラクレパス」に惹かれ『クレパス専門のクレパス画家』となる。

中学中ごろより精神疾患を患ってしまい、引きこもりになってしまうが、卒業後暫くして社会復帰を目指しアルバイトを始める。
高校などには進学せず、アルバイトで生計を立て、その傍らで漫画や絵画を独学で学ぶ。


【新しい世界を見る】

成人を迎えると同時に溜めてきた貯金で一人暮らしを始める。
そんな中、ひょんなきっかけでライブペインター・アーティスト菩須彦氏に出会った事で、本格的にアーティスト活動を開始。
菩須彦氏の主催の絵画教室「エカキョー」に通い、同じく主催のアートフェスト「P.A.D.」に出演することで沢山のアーティストと交流を深め、希望を見出す。
展示だけではなく巨大クレパス画制作や、ライブぺインティングショーなど、幅広く活動をする。


【ゴミクズのような生活】

しかし、その裏の自身の生活では、アルバイトがうまくいかず続かない、物忘れが激しい等、不器用な自身に、生きづらさは頂点に達する。
貯金は底をつき、安いアパートでの貧乏暮らしの中で、次第に心はまた病んでゆく。精神状態は悪化し、更に精神科の誤診による間違った投薬治療での副作用で廃人寸前になり、また引きこもりに戻り、人を避けるようになる。
路上にへたり込む生活が続き、睡眠薬の乱用、酒への依存が始まり、警察沙汰は数知れず、自殺を試み、失敗。ついには精神科に入院をする。


【更生、そして漫画家へ】

しかし菩須彦氏の呼びかけに心を開き、もう一度希望を取り戻し、更生を目指す。
菩須彦氏始め、周囲のアーティストの人々の力を借りてリハビリ生活が始まる。
病院を変えたとき、自身が発達障害(ADHD 注意欠陥・多動性障害 )であることが発覚。

2014年、23歳の時ツイッターに投稿した1ページ漫画「今日の漫画」が瞬く間に拡散されフォロワーは一晩で何万人と増える。
それを機に、ネットを始め、NHK『おはよう日本』に出演等、雑誌、新聞、テレビ、各メディアで話題となる。
10月には1ページ漫画をまとめた初の単行本『史群アル仙作品集 今日の漫画』がナナロク社より発売。
同年、秋田書店「championタップ!」にて『臆病の穴』連載デビュー。
漫画家としての生活が始まる。


【現在】

イベントでは2畳サイズのキャンバスに筋書や下描きも一切なしで即興で漫画を描く「即興BIG漫画ライブペインティングショー」を披露。

クリエイターチームkiske3と組みメンタル面や事務など広く協力を得て漫画家・アーティストとして仕事をする。


【その他】

フクロウが大好きで、フクロウのことを「ウッウー」と呼ぶ。これは史群による造語である。
尚「ウッウー」とは史群のオリジナルキャラクターのことでもあり、よく自画像とともに描かれる。
トレードマークとしてもよく使用される。


★趣味など
音楽はフォークソング等ちらちらと聞くけれど、特別、幼少期より谷山浩子さんが大好きで、ほぼ毎日聴いています。
フクロウが大好きです。
ときどきパイプタバコをふかしています。
独りで呑みに行ったり、喫茶店へ行くのも好きです。




【仕事の依頼はこちらへ】

漫画・イラスト・ライブペインティングなど、
お仕事のお問い合わせは
こちらのメールアドレスにお送りください。
Mail■arusen.s★gmail.com
(★→@)


【連絡先・所属ギャラリー】


■padGALLERY(パッドギャラリー)■
http://pad-gallery.wixsite.com/padgallery
〒530-0027 大阪市北区堂山町5-17 
堂山数寄ビル padGALLERY
<fax> 06-7635-7883
担当:赤塚




【史群アル仙の仕事】




漫画家

小学生の頃より「昭和漫画の画風を現代に」をコンセプトに生きてきました。

画風は昭和のギャグマンガタッチですが、様々な内容の漫画を描きます。
不可思議、憂鬱な物語から、ギャグ漫画、時代劇、ホラー、エロティック等…
幅広いジャンルに挑戦しています。

ツイッターでは1ページ漫画『今日の漫画』を自主連載。
「答えを決めるのはあなたの心」をテーマに1ページで物語を描きます。

オリジナル同人誌を制作してイベント販売なども行います。





クレパス画家

15歳の頃に『株式会社サクラクレパス』のクレパスに魅了され、「絵画はクレパスでしか描かない」と決意したクレパス専門画家。

目力のある画は少し不気味な雰囲気もありますが、モチーフにしているのは主に「女性」。

独学で得た画法で制作します。

2012年には縦2m×横5mの大作『静かな夜の夢は』も制作。





ライブぺインター

主に2畳サイズからのキャンバスに即興で作品を描きます。

クレパス画ライブぺインティングショーもありますが、注目してほしいのが「即興BIG漫画ライブペインティング」です。

「即興BIG漫画ライブペインティング」とは、下書きは勿論、筋書もラフも一切無しでステージに立ったその瞬間から最短約30分で、2畳サイズのキャンバスに即興で漫画を完成させるパフォーマンスです。

描いている史群本人も終わりまでどんな漫画が完成するかは解りません。お客さまと「ライブ漫画」を楽しみます。

サイン会やイベント、余興などでお待ちしております。





原画の展示販売

毎年、個展を開催しております。クレパス画を中心に展示・販売を行います。

もちろん、漫画の原画展示や、イラストやドローイング作品なども展示販売致します。※漫画原画は非売
会場にはグッズや同人誌もあり、ときにはライブペインティングパフォーマンスも行います。

個展だけでなく、グループ展などでの展示販売もあります。

主に所属ギャラリーである『padGALLERY』にて行われる事が多いです。




【史群アル仙の履歴】




漫画家として
【商業連載・掲載履歴】

…WEB
■2015年11月6日〜2016年1月7日
Championタップ!『臆病の穴』
■2015年1月23日〜2015年12月22日
コミックウォーカー『アオキヒビハ。』
■2015年06月28日〜(連載中)
コミカワ『迷うは君の世界』

…雑誌
■2015年8月6日
「週刊少年チャンピオン No.36+37」
(タイトル思いだし中)
■2015年11月27日
コミック乱2016年一月号
『梅べっこうのまさ』読み切り


【単行本】

■2014年10月10日
ナナロク社『史群アル仙作品集 今日の漫画』
■2015年8月7日
秋田書店『臆病の穴@』
■2016年2月27日
キトラ『アオキヒビハ。』
■2016年5月6日
秋田書店『臆病の穴A』

詳しい書籍情報はこちらへ





クレパス画家として

個展履歴

【第一回】2012年4月20日〜24日
ギャラリー&カフェ亜蛮人 「complex」大阪

【第二回】2012年7月16日〜21日
ArtistSpaceCERO [史群アル仙 個展]大阪

【第三回】2014年3月20日〜30日
unipon2kau2 「ARTISTS of PUZZLE PROJECT vol.19」大阪

【第四回】2014年5月26日〜31日
APARTMENT HOTEL SHINJUKU 「complex2」東京新宿

【第五回】2014年7月15日〜26日
pad GALLERY 「アル仙ROOM」大阪

【第六回】2015年11月3日〜14日
pad GALLERY 「少女たち」大阪


東京発個展『complex2』当時のインタビュー記事◇







⇒topへ戻る

inserted by FC2 system